低用量ピル購入 アフターピル購入
低用量ピル購入 アフターピル購入

【必見!】通販を使えばピルを購入できるの?ピル通販の真実に迫る!

目次

ピルが通販で買える?そのカラクリの根幹となるのがサービスの違い!

個人輸入と代行の違いとは

購入できるのは、色々な医薬品

通販を使う女性低用量ピルやアフターピルの通販とは一体どのようなものなのでしょうか?
実際に、低用量ピルやアフターピルを通販で購入できればとても便利と感じる人は多いと思います。
ですが、低用量ピルもアフターピルも医薬品であり、医師の処方箋があって初めて購入できるものですから
ドラッグストアなどに行っても、ピルが置いてあるということはありません。
でも、通販なら購入できるって言うのはちょっと不思議ですよね。

ですから、このページではそもそもピルの通販って何なのか?という事について紹介していきたいと思います。

ピルが通販で買える?そのカラクリの根幹となるのがサービスの違い!

輸入船低用量ピルの通販と呼ばれるのは、実は通販とは全く別のサービスとなります
正式には「個人輸入代行」と呼ばれるもので、個人輸入の代行を行ってくれるサービスで個人で輸入するのを手伝ってもらえるサービスとなっています。

処方箋が無いと手に入れることができない医薬品は基本的に、ドラッグストアだろうが通販だろうが販売することは法律によって禁止されています。
もちろん、違法に販売されている医薬品を購入した場合、購入する側も罪に問われてしまうのです。

ですが、法律で医薬品の輸入は禁止されていません
日本ではまだ認可されていないような薬を使いたいけど、使えない。そうした時に個人で輸入を行い、自己責任で自分に使う。
そうしたことができるように認められているわけですね。
そのため、個人輸入であれば低用量ピルもアフターピルも手に入れることができるわけです。

個人輸入と代行の違いとは

違いに悩む女性個人輸入ならピルを購入できるというのは分かったけど、ではそれでどうして通販となるのでしょうか。
その要因となっているのが、個人輸入をサポートする代行サービスです。
個人輸入代行サービスとは、その名の通り個人輸入を代行してサポートしてくれるサービスとなります。
このサービスを利用する際に使うサイトが、いわゆるネット通販などのサイトと似ているというのが大きな要因といえます。

それぞれの代行サービスが取り扱っている医薬品の中から、必要なものをカートへ入れて、支払いを行い、医薬品が海外から送られてくるのを待つ。
まさに、ネット通販を利用している感覚で個人輸入を行えるようになっているので、現在では非常に多くの人に利用されているサービスとなっています。

基本的に個人で輸入を全て行おうと考えた場合は、とても大変です。
先ずつまづいてしまうのが言葉の壁です。英語はかろうじて読み書きできる。という人は今では増えてはいますが、現地とのやり取りは必ずしも英語でできるとは限りません。
インドや香港、世界各国とやり取りすることになるので英語以外の言語にも精通している必要がありました。
そんな大変な言語の問題をクリアしたとしても、次に法律の壁が待っています。
それぞれの医薬品ごとに、輸入できる限界量が決まっていたりします。そのため、輸入量が多くなると違法となってしまうケースも。

言葉と法律、それぞれで簡単ではない高いハードルを越えた人だけが使えていたのが個人輸入だったのです。
しかし、代行サービスが登場したことによって、海外でのやりとりなどを全て任せることができます。
結果、利用する側は欲しい医薬品を欲しい数代行業者に依頼するだけ。
後は、代行業者の方で手続きを済ませて、海外から発送してもらえるようになるわけです。

自分でできる場合は代行サービスは必要ないですが、そうではない人にとっては代行サービスは必須と言えるサービスとなっています。

購入できるのは、色々な医薬品

通販で購入個人輸入で輸入できる医薬品は低用量ピルやアフターピルだけではありません。
それ以外の様々な医薬品も個人輸入代行サービスでは取り扱っていたりします。
そのため、ピルと共にダイエットのサプリを購入したりすることが可能になっていたりします。
但し、一つだけ注意があります。
それが、自分が使うものだけ輸入できるということ。
友人に頼まれて一緒に依頼するというのは、違法になってしまいます。
そのため、個人輸入代行サービスを利用する場合には、必ず自分で使うものだけを依頼するようにしましょう。