低用量ピル購入 アフターピル購入
低用量ピル購入 アフターピル購入

低用量ピルの副作用について

目次

低用量ピルと肥満の関係

低用量ピルと乳がんの関係

乳がんについて

危険な副作用は激減している

具体的な症状について

低用量ピルの危険性について<

低用量ピルとタバコの関連性について

低用量ピルのメリットについて

低用量ピルと肥満の関係

頭痛低用量ピルであっても副作用があるから服用するのが怖いといった先入観を持った人も少なくありません。
ピルが開発された当時は成分量が多く実際に副作用を引き起こす怖れが高かったため、その名残が今でも残っているのかもしれません。
具体的にはピルを服用することで「太る」ということが心配だ、という話をよく耳にします。しかし、結論から述べると「太らない」です。

これは日本で過去行われた臨床試験で低用量ピルを服用した大半の方の体重の増減は2キロ程度に収まったことから、ピルの服用=太るという説が否定されたということになります。

低用量ピルと乳がんの関係

通販で購入低用量ピルの服用を続けていると乳がんの発症率が高くなる、と言われていますがこの因果関係には諸説があり、まだ明確にはなっていません。
日本産科婦人科学会はピルの服用により乳がん発症のリスクが高くなる可能性は低い、という見解を出しています。
しかし、乳がんは女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けるため、エストロゲンを含む低用量ピルは発症や病状促進のリスクがあるのではないか、とも言われています。

このことから乳がんの治療中である、又は過去に患ったことがある、という方は服用を控えた方が良さそうです。

乳がんについて

乳がんは女性がかかりやすいがん第1位であり、患者数・死亡者数は年々増え続けています。その中でも若い世代での患者が増えており、原因は食生活や生活習慣と言われています。
2015年の患者数は約89,000人にのぼり、約13,800人の方が亡くなる可能性があるとも伝えられています
乳がんは女性のがん患者の約21%と非常に高い割合になっています。

このことから低用量ピルの服用に関わらず年齢や症状に合わせた定期検診を受けることをオススメします。

検査にはマンモグラフィ検診や超音波検診、問診・視触検診があり、若い女性であれば超音波検診、40歳以上であればマンモグラフィ検診が適しています。

検査にかかる時間は両検査ともに10分程度なのでちょっとしたスキマ時間に受診してみてはいかがでしょうか?

危険な副作用は激減している

大丈夫!他にもホルモン量が多いと肥満の他に血栓症や心筋梗塞など、重大な副作用を招く可能性が指摘されていましたが、現在販売されている低用量ピルは総ホルモン量が減っているため副作用は激減しています。
しかし、低用量ピルでもまったく副作用がないわけではありません。妊娠と同じ状態のホルモンバランスに近づけるため、妊娠の初期状態に近い症状が現れる可能性があります。

具体的な症状について

乳ガンピルを服用し始めた1~2週間後から精神的に不安定になる、吐き気や倦怠感、不正出血、乳房のハリなどが起こり始める可能性があります。
個人差はありますが、身体がピルに慣れてくる1~3ヶ月後には症状は無くなるという傾向にあります。
低用量ピルの服用による副作用が3ヶ月以上続く、重症化するという場合は医師に相談することをオススメします。ピルが合わない体質、又は体質に合わないピルを服用している怖れがあります。

低用量ピルの危険性について

飲むの忘れた極端な例ではありますが、低用量ピルの副作用によって死亡する可能性について触れてみます。喫煙と比べるとそのリスクは遥かに低く、重大な症状を起こすことは非常に稀です。
ただし、喫煙者によるピルの服用は心筋梗塞などの病気の危険性を高めるという報告もあるため、喫煙をしている方は低用量ピルであっても服用前に医者など専門家へ相談することをオススメします。

低用量ピルとタバコの関連性について

低用量ピルとタバコの併用は血栓症の発症確率を高める原因になります。
ちなみに血栓症とは血管内で血栓と呼ばれる血の塊が血管を塞ぎ、血液の流れを止めてしまう病気です。そして、この血栓症が心筋梗塞や脳梗塞のリスクを引き上げてしまうのです。

このことから、喫煙者には低用量ピルを服用するためのガイドラインが定められています。

35歳以上であれば1日15本以上のタバコを吸う方はピルを服用することはできません。

35歳以上15本未満であっても服用は推奨されていません。禁煙してから服用するのが望ましいでしょう。
35歳未満であれば制限はありませんが、非喫煙者と比べると2~3倍のリスクがあると言われているため、やはり禁煙してから服用することをおすすめします。

なかなか禁煙できない、という方は禁煙補助薬や禁煙外来を利用するという手もあります。

低用量ピルのメリットについて

女医ここまで、低用量ピルの副作用にばかり触れてきましたがピルには避妊効果以外のメリットもあります。
月経周期の正常化、生理痛などの症状を和らげる、子宮外妊娠の予防があります。更に長期にわたり服用することで子宮癌や卵巣癌の予防効果があるとも言われています。
以上のように低用量ピルには副作用もありますが、メリットも多くあります。
デメリットだけを気にするのではなく、メリットも把握した上で服用を検討することをオススメします。

低用量ピルについてもっと詳しく!

低用量ピルの副作用について

低用量ピルと乳がん・喫煙の関係性、実際にはどのような副作用が現れるのでしょうか?

低用量ピルの種類について

低用量ピルの中でも人気のある商品の詳細やクチコミ、実際にかかる費用などをまとめてみました。

低用量ピル通販について

実は病院に行かなくても安く簡単に低用量ピルが買えちゃいます。

低用量ピルと生理・避妊の関係について

低用量ピルには高い避妊効果の他に生理痛が軽減される効果もあります。

実際に通販で購入できるアフターピルについて

通販サイトで購入できる低用量ピルを10種類紹介!