低用量ピル購入 アフターピル購入
低用量ピル購入 アフターピル購入

アフターピルの副作用について

目次

副作用について

今後の妊娠や胎児に悪影響はない副作用への対策方法

服用の際の注意点について

主な副作用は嘔吐感

メリットが多い低用量ピルについて

副作用について

頭痛ピルが認可された40年程前は、ピルに配合されていた女性ホルモン量も非常に多く、副作用のリスクも相対的に高かったといわれ、実際に太りやすい、血栓症、心筋梗塞の可能性が指摘されていたという事実もあります。
その名残からピルに対して、副作用が強いといった類の先入観は今でも根強く残っています。

アフターピルは避妊失敗時に後から服用しても避妊効果を発揮するお薬として非常に便利な半面、低用量ピルに比べ女性ホルモンの成分量が多く、副作用も出やすくなっています。

主な副作用は嘔吐感

アフターピルの副作用として最も多いのが嘔吐感や実際の嘔吐、頭痛などです。
原因はピルの服用により体内のホルモンバランスが妊娠中に近い状態に変化するためです。副作用に関しては個人差があり、必ず万人に現れるというものではありません。

まったく副作用がでない方もいれば、14日も症状が続いた方もいたそうです。一般的には服用から2~3時間で副作用が出始め、1日もあれば収まることが大半のようです。

副作用への対策方法

飲むの忘れた副作用の嘔吐感により、服用から二時間以内に嘔吐してしまった場合はアフターピルの成分が体内に吸収される前に体外に排出されてしまうため、効果が薄れてしまい避妊に失敗する可能性が高くなってしまいます。
嘔吐してしまったことで避妊に失敗してしまった、というケースは少なくありません。

対策としては医者から吐き気を抑える薬を一緒に処方してもらう、又は乗り物の酔い止め薬を用意する(市販のお薬でも問題ありません)などがおすすめです。
それでも嘔吐してしまった場合は医者へ相談するようにしましょう。

その他に乳房のハリ、めまい、腹痛といった副作用が現れることがありますが、こちらもホルモンバランスの変化による一時的な症状なので24時間以内には概ね治まります。

副作用は低用量ピルと比べて強いですが、アフターピルを飲むことで今後の妊娠や胎児に悪影響を与えることはありません。中絶などの外科的処置に比べ安全性は非常に高いです。

服用の際の注意点について

ピルの知識アフターピルを服用するということは妊娠に対して相当ネガティブになっている状態だと考えられます。しかし、心配だからといってアフターピルを追加で飲む、他の避妊薬を併せて飲むということはせずに医者など専門の方に相談するようにして下さい。
アフターピルは緊急のための避妊薬で最後の手段です。万が一のために常備しておくことで望まない妊娠から身を守ることができます。
しかし、確実に避妊出来るというものではないため、普段から避妊具を使用するといった対策も重要です。

メリットが多い低用量ピルについて

低用量ピルはほぼ100%という高い避妊効果を持っています。
生理期間中は毎日飲み続ける必要はありますが、アフターピルとは違い身体への負担も小さく、PMSの緩和や生理周期のコントロールなど多くのメリットがあります。
より確実に避妊したい方へオススメです。

アフターピルについてもっと詳しく!

アフターピルの副作用について

副作用が出やすいと言われていますが危険な副作用はありません

アフターピルの種類について

アフターピルにも2つの種類があり、それぞれの特徴や価格などを比較してみました

アフターピル通販について

アフターピルを購入するなら個人輸入代行サイトと呼ばれる通販サイトがオススメです

アフターピルと生理の関係について

アフターピル服用後の生理にどうして個人差があるの?

実際に通販で購入できるアフターピルについて

個人輸入サイトで購入できるアフターピル