低用量ピル購入 アフターピル購入
低用量ピル購入 アフターピル購入

アフターピルと生理・避妊の関係について

目次

アフターピルと生理について

生理のタイミングに個人差がある理由について

3週間経っても生理がこない場合について

アフターピルの避妊効果について

アフターピルと生理について

水を飲む
アフターピルは危険日などに避妊を行わず性行為をしてしまった場合に72時間という決められた時間で服用する必要があります。
性行為によって受精してしまった受精卵は7日かけて着床することで妊娠が成立します。アフターピルは着床するまでの間に子宮内膜を無理やり剥がす(生理の症状を起こす)ことで妊娠の成立を防ぐためです。

つまり、アフターピルを服用した後に生理と同じ症状(消退出血)が起これば避妊に成功したと言えます。

生理が訪れるまでの間には個人差があり、1週間以内の方もいれば2週間後に起こる方もいます。しかし遅くとも3週間位内には大半の方が出血されるはずです。
アフターピルを服用した後であれば、早く生理が来て欲しいと望む方が大半だと思いますので、その間は落ち着かない期間になると思います。

生理のタイミングに個人差がある理由について

乳ガン
それはアフターピルを服用したタイミングに左右されます。
排卵前であれば次の生理予定日に消退出血がみられるため、比較的早く避妊成功を確認することができます。
しかし、排卵後であれば次回の生理予定日まで出血が起こらないことが多く、最大3週間待つこともあるため、服用のタイミングで長く待つこともあるという事を覚えておけば、必要以上の心配をすることも減ると思います。

3週間経っても生理がこない場合について

アフターピルを服用して3週間が経過したにも関わらず生理がこなかった、出血量が少なかったという場合は妊娠したという可能性があります。
その際は妊娠検査薬を試すことをオススメします。極端に出血量が少なかった場合も着床出血の可能性があるので同様に妊娠検査を行うようにしましょう。

仮に妊娠後にアフターピルを服用していたとしても、胎児に悪影響はないとされています。

アフターピルの避妊効果について

ピルの知識
アフターピルで避妊するためには72時間以内に服用する必要があります。
しかし、避妊失敗から服用までの時間が短ければ短いほど避妊効果は高くなるため、可能であれば12時間以内に服用することが最善策と言えます。
具体的な時間と妊娠する確立は下記になります。

性行為後からアフターピルを飲むまでの時間:妊娠する確率
0~12時間以内の場合 :0.5%
13~24時間以内の場合:1.5%
25~36時間以内の場合:1.8%
37~48時間以内の場合:2.6%
49~60時間以内の場合:3.1%
61~72時間以内の場合:4.1%

上記のように、12時間以内の場合と72時間付近では8倍以上の差が出ているため、出来ることであれば早急にアフターピルを服用したいところです。
しかし、12時間以内に病院で診察を受ける、通販サイトで購入というのは現実的ではありませんので、いざというときのために前もってアフターピルを常備しておくことが緊急避妊を行う際には非常に重要と考えられます。

海外医薬品の個人輸入代行サイトであれば、アフターピルや低用量ピルや妊娠検査薬などを安く簡単に、第三者に気が付かれることなく購入することが出来るので、こういったサイトを利用することをオススメします。

アフターピルについてもっと詳しく!

アフターピルの副作用について

副作用が出やすいと言われていますが危険な副作用はありません

アフターピルの種類について

アフターピルにも2つの種類があり、それぞれの特徴や価格などを比較してみました

アフターピル通販について

アフターピルを購入するなら個人輸入代行サイトと呼ばれる通販サイトがオススメです

アフターピルと生理の関係について

アフターピル服用後の生理にどうして個人差があるの?

実際に通販で購入できるアフターピルについて

個人輸入サイトで購入できるアフターピル