低用量ピル購入 アフターピル購入
低用量ピル購入 アフターピル購入

実際に通販で購入できるアフターピルについて

では、実際の個人輸入サイトでは、どのようなアフターピルが購入できるのでしょうか?その種類と価格などをまとめてみました。
低用量ピルと比べると種類も少ないようです。

アイピル

i-pill

ユーザー評価:★★★★★

メーカー:Cipla

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

アイピルは緊急避妊薬とも言われています。性行為後に服用しても妊娠を防ぐことが出来るお薬です。しかし、低用量ピルと比べると避妊確率も低く、下記の価格を見てもわかるように1錠あたりの単価も高いです。アフターピルの作用は一時的とはホルモンバランスを大きく変えるため体への負担が大きい、という点を考えると日常的に飲むような控えた方が良いでしょう。

コンドームが破れていた、避妊具を使わずに性行為を行ってしまった、などの場合に対しての緊急時に飲むくらいにしておきたいです。

妊娠を防ぐためには遅くとも性行為から72時間以内に服用しないといけません。服用までの時間が短ければ短いほど避妊確率も上がります。

販売個数と販売価格について

アイピル 1錠

個数 定価 販売価格
1錠×1箱 ¥1,500 ¥1,350
1錠×3箱 ¥4,500 ¥3,640
1錠×6箱 ¥9,000 ¥6,480
1錠×10箱 ¥15,000 ¥9,450
1錠×30箱 ¥45,000 ¥24,300

アンウォンテッド72

i-pill

ユーザー評価:★★★★★

メーカー:Cipla

有効成分:レボノルゲストレル1.5mg

アンウォンテッド72はノルレボのジェネリック医薬品で主に避妊失敗後に使用する、緊急避妊薬です。プラノバール系のアフターピルとは異なり、黄体ホルモンしか含まれていないため、アフターピルに多い吐き気の副作用が現れにくく、避妊確率も高いです。その分、お薬の値段はプラノバール系と比べると高いです。

ノルレボ系のメリット・デメリットがはっきりしているため、体質や経済的な面などから、どのタイプが合っているか考慮した上で購入すると良いでしょう。

販売個数と販売価格について

アンウォンテッド72 1錠

個数 定価 販売価格
1錠×1箱 ¥1,500 ¥1,140
1錠×3箱 ¥4,500 ¥3,080
1錠×6箱 ¥9,000 ¥5,480
1錠×10箱 ¥15,000 ¥7,980
1錠×30箱 ¥45,000 ¥22,230

アフターピルについてもっと詳しく!

アフターピルの副作用について

副作用が出やすいと言われていますが危険な副作用はありません

アフターピルの種類について

アフターピルにも2つの種類があり、それぞれの特徴や価格などを比較してみました

アフターピル通販について

アフターピルを購入するなら個人輸入代行サイトと呼ばれる通販サイトがオススメです

アフターピルと生理の関係について

アフターピル服用後の生理にどうして個人差があるの?

実際に通販で購入できるアフターピルについて

個人輸入サイトで購入できるアフターピル