低用量ピル購入 アフターピル購入
低用量ピル購入 アフターピル購入

ピル(女性用避妊薬)について

目次

ピルの歴史について

ピルの成分について

避妊の仕組みについて

ピルの歴史について

錠剤ピルといえば女性が使用する避妊薬とイメージされる方も多く、実際に避妊薬として使用されている方が大半です。副効用として、生理の周期調整、症状緩和、卵巣癌の予防効果があります。

日本では1999年から販売が開始されましたが、アメリカでは1960年から既に販売されており、現在では世界中で約9,800万人の女性に使用されています。その中でも使用者の大半が中国やインドを含むアジア圏内で全体の約46%を占めています。

日本での販売時期がアメリカと比べ40年近く遅れた理由は、ピルの普及によりコンドームを使用しない性行為が増加し、HIV(エイズ)の感染が広がるのでは?という懸念があったため、判断が慎重になり承認が他の国と比べ時間がかかったという説があります。

そして、現在でも日本はピルに関する理解や知識がまだまだ不十分です。当サイトでピルのことをより詳しく知り、今後の生活に活かしていきましょう。

ピルの成分について

薬剤師ピルにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンが配合されています。

エストロゲンは卵胞を成熟させることで排卵を促し、受精しやすいように子宮内膜を厚くする、などの作用があります。他にも自律神経を整え、お肌に潤いを与えるなど女性にとって嬉しい効果もあります。

プロゲストーゲンとはプロゲステロンと同じ効能を持つ人工的に作られた物質で、受精しやすく、受精卵が育ちやすい環境を作る作用があり「妊娠を助けるホルモン」と言えます。ただし、エストロゲンと異なり、肌荒れや便秘などを引き起こす可能性もあります。

この2つの女性ホルモンが排卵と生理をコントロールしているため、避妊や生理に対して高い効果を発揮します。

避妊の仕組みについて

ピルの知識妊娠については「なんとなく」の知識を持っているものの、細かい仕組みまでを理解している、という方は少ないのではないかと思います(特に男性)。

先ほど、記載したようにピルにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンが配合されており、これらの女性ホルモンが下垂体に作用し卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を抑える作用があります。この作用により排卵が起こらなくなり受精を防ぎます。

ピルについてもっと詳しく知りたい!

低用量ピルについて

低用量ピルは正しく服用することで100%に近い確率で妊娠を回避することが出来ます。

アフターピルについて

性行為後に、すぐに飲むほど効果を発揮する「緊急避妊薬」とも言われるお薬です。